金子誠選手の引退セレモニー

夕方のニュースで見ながら、思わずもらい泣き。特にお嬢さん息子さんから花束を受け取り、ふたりをぎゅっと抱きしめるところなんてもう。画面も眼鏡も、くもって何も見えませんでした。

38歳。プロ野球選手としては長く活躍したほうですよね。「もっともっと」というのは酷ですよね。ご当人が決めたことなんだから仕方がないとわかっているのです。
日本ハムが北海道に移転する前から在籍していた彼。移転の前も後もきっと苦労があったはず。「お疲れさまでした」と送り出してあげるべきなのでしょうが、何とも寂しいです。これからも何らかの形で北海道とつながっていてほしいです。

寂しい秋に追い打ちをかけるように、あと数日で稲葉篤紀選手の引退試合です。今から気分が暗いのです。